チラシの作り方 2 デザイン編

この求人募集は、架空のもので現実のものとは一切関係ありません

例として喫茶あみちゃんのウエイトレス募集のチラシを
つくってみたいと思います。

1 ワードで文字だけのチラシをつくりました。
文字のカーニングやベースラインは、めんどうなのでやっていません。
全体として見ると、組版の甘さが目立ちます。
ワードでチラシをつくるのは、そういう操作をいれるとたいへ〜ん
チラシ1

この求人募集は、架空のもので現実のものとは一切関係ありません

2 ちょっとさびしいので、色をつけて、イラストを入れました。
ワードアートの文字をいれたり、飾り罫線をいれると
いかにもワードで作りましたという感じで、ちょっと安っぽいですね

新聞に入っているチラシと、ワードで作ったチラシは
そのデザインがちがいますよね(^_^.)

同じフォントを使って、おなじようにして、どこがちがうの?
ってありますが、細かなところにこだわるか、こだわらないかで
ワードを使っても、新聞のチラシのようなチラシを作ることができます。

でも、基本的にデーターで印刷所に持ち込んで、
データーから印刷することができません。
(条件付ですが、一応データーからでも、直接印刷できます。
 くわしくは印刷屋さんにお問い合わせください。)

チラシ2

この求人募集は、架空のもので現実のものとは一切関係ありません


3 イラストレーターというソフトで、ちょっとデザインにこりました。
とってもおしゃれで、面接を受けてみたいなんて思うかも?
でも、なんだか文字が読みにく〜いってありますね。

チラシ3

この求人募集は、架空のもので現実のものとは一切関係ありません


4 文字だけにしてみました。
シンプルイズベスト、文字が大きくて、とっても目だって
内容もたいへんわかりやすいです。

初心者がつくると、こんな感じになりますが、
一流のベテランが作っても、こんな感じになるかも・・・

でも、たとえば、たくさんの求人広告がある中で
そのチラシを見て、面接の電話をかけてみたいと感じるのは

会社によって、そのイメージとか雰囲気とかがあって
それにあわせて、デザインするとよりたくさんの面接の
電話がかかるようです。
でも、それは、とってもむつかしいですね。
私にもわかりません

ある会社の求人募集で、いつもは、文字だけのチラシでしたが
タコのイラストをいれたそうです。

それだけで、親しみを感じたらしくて
条件のよくない会社なのに、
たくさんの人が面接にきたそうです。
(いつもの10倍くらい面接にきたそうで、ある会社の社員の人に聞きました。タコのイラストにだまされた?なんていったら叱られますが、タコのイラストで、たくさんの優秀な人が入社したそうです。)

求人のチラシに限らず、数千万円の家を売る不動産のチラシ
スーパーのチラシ、クリーニング屋さんのチラシ、オープンのチラシ
それぞれむつかしいですね(#^.^#)

チラシ4

この求人募集は、架空のもので現実のものとは一切関係ありません




チラシのレッスンの目次へもどる

トップページへもどる