ビルシュタインをセッティングする!

ビルシュタインは良いダンパーである。その通り、ビルシュタインはとてもよく出来たダンパーです。街乗りから、軽いサーキット走行まで快適で安心感の高い安定性を確保してくれます。heartmaxもとてもお気に入りのダンパーです。

ただ、乗り心地の感じ方は人それぞれ、しかも、高速での安定性より街乗りでの快適性に重点を置いた場合はどうか?また、サーキット走行などを前提とした場合はどうか?更に、ビルシュタインは使ってみたいが、適応が無い車はどうするのか?

そんな方の為に、エナペタルさんは存在します。

もともとは、競技用にビルシュタインをセッティングする事からエナペタルさんは始まりました。

単純な構造ゆえに、分解組み立てが可能なビルシュタインは、減衰力特性を変化させてチューニングする事が可能です。一般的な複筒式の場合、ダンパーの組み立てが複雑で、中には溶接して非分解としている物も多いです。

その点、ビルシュタインは分解組み立て可能で、オーバーホールができる事も魅力の一つとなっています。

でも、誰でもどこでもという訳にはいきません。なぜなら、ビルシュタインの特徴でもあるシームレス構造ゆえ、ガスの封入が出来ないですね。他の単筒ガス式ダンパーでは、ガス室に外部からガスを注入できるようにバルブを持っている物が多いようですが、ビルシュタインはその構造をしておりません。ビルシュタインのオーバーホイールにはガス封入ができる専用の設備が無いと出来ない訳です。

ビルシュタイン技術者と、実はエナ
ペタルさんとの打ち合わせ風景です

とすると、ガス封入の為の設備が有れば、オーバーホール、セッティング変更が可能となり、事実、エナペタルはそうしてビルシュタインのオーバーホール、セッティング変更をしてきました。

競技用という事で、車高を下げた時のショートストローク、ショートケース化、バネレートの上昇に対する減衰力の変更、ガス圧の変更などなど・・・その技術は認められ、国内ではジムカーナ等のA車両用(純正形状)から、フォーミュラのダンパーまで手掛けています。

実は、ビルシュタインとの関係は深く、ビルシュタインの国産車用のテストには、エナペタルさんの工場が前線基地となっていました。その技術が認められ、ビルシュタインの正式承認を受けビルシュタインモータースポーツダンパーと名付けられました。

ま、もともと日本国内のビルシュタインのオーバーホールはエナペタルさんがやってきた訳ですから、身近に知らないまま利用されていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際のエナペタルさんのセッティング例ですが、競技用の特注はもとより、セッティングのノウハウを活かした街乗り用も製作してもらえます。

中には、純正の乗り心地が固く、純正よりも乗り心地を良くして欲しいとか、そういったリクエストにも物理的に可能なら応えてくれます。

 

また、ラインナップに無い車種なども、物理的に可能なら製作してもらえます。一度でも製作実績があれば、見積もりもすぐに出ますし、必要な物もすぐに判明しますが、製作実績の無い車は製作可否を判断し見積もりが出ます。欧州車の場合、グレード、年式によってスプリングなど細部の違いが有る場合が多く、これも現物確認が必要な事が多いです。

現物加工についての質問を多く受けます。ウイッシュボーンなど、ダンパーの固定方法に汎用性が有るタイプの場合、現物の確認が必要なだけで、加工が必要ではない事が多いです。

これがストラットタイプの場合、ストラットケースが車種ごとに専用で(当然ですが・・・)もちろんですが、それぞれ製作すると莫大なコストになる為、純正のストラットケースをそのまま使い、内部のダンパーを倒立のビルシュタインと入れ替えます。もちろん、特注セッティングのダンパーになります。

こうすることで、早く、低コストで製作が可能となります。左図の下に有るのが内蔵される倒立ビルシュタインダンパーで、純正のストラットケース(上の図の黄色の部分)に組み込むと、上の状態になります。

特注が基本のエナペタルさんの場合、製品としてのストックは持ちませんので、製作には3週間〜の時間がかかります。ご注文からその都度、注文に応じて製作していきますので、製作には時間がかかります。

ただ、ETSキットと呼ばれるコンプリートキットは、エナペタルさんがテストを重ねて出来上がった商品ですが、基本的にセッティングの変更が出来ません。これは、物理的に、構造的に限界が見えているような場合で、バネレート等の変更は良い結果をもたらさないそうですので、このまま使用して頂く事になります。もちろん、良いセッティングには出来ています。

  • 純正スプリングのまま、純正よりも乗り心地重視で・・・
  • 純正スプリングのまま、車高も変えずに安定性を向上させたい
  • ローダウンして、快適性を確保しながら高速安定性を向上させたい
  • サーキット走行会でも使えて、通勤でも快適な足回りにしたい
  • 鈴鹿スペシャルにしたい・・・
さまざまな要望が有ると思います。人それぞれ車に求める物は違うはずです。その求める状態に近付ける事ができる究極のわがままセッティングダンパー、それがエナペタルなのかもしれません。

エナペタル特注ダンパーに興味が湧きました?

左の画像をクリックすると、エナペタルさんのホームページにリンクしています。一度、のぞいてみてください。

もし、購入を希望される場合、自分のセッティングの要望がエナペタルさんに直接届くように注意が必要です。技術と経験が豊富なショップさんに依頼される事をおすすめします。

 
 
 
戻る