KOCHI GAMESへようこそ!KOCHI GAMESは面白いゲームを遊びたい人、作りたい人を歓迎・応援します!

初心者のためのゲーム製作講座


 執筆理由

 時折、『ゲームを製作する方法を教えてください』との内容のメールなどが舞い込んできます。私自身もゲーム製作に関して駆け出しのひよっこですが、誰かの役に立てればということでここに文章を残しておきます。ゲームを作りたいなと思う人は参考にしてみてください。全くの初心者に向けて書くつもりですので、その点はご了承ください。なお、間違っている記述があれば、メールか掲示板にてご指摘して頂けると幸いです。

 1.ゲームの作り方は?

 まずは、ゲームの作り方は?という疑問に答えたいと思います。今現在(2005/02/17)、ゲームを作るには大きく分けてツールを使うか、プログラム言語を使うかの2通りがあります。大まかに言って、ツールは初心者向け、プログラム言語は上級者向けです。ですので、私としてはツールを使用することをお勧めします。プログラムの方が遙かに自由にゲームを作ることができますが、その分、ゲームを作り上げるという行為が難しいからです。私が初心者にツールをお勧めする理由としては、簡単にゲームの形に仕上げることができるからです。以下、ツールとプログラム言語の紹介です。

 1−1.ツールの紹介

 ・ツクールシリーズ
 スクリプト式のこれ以上簡単なゲーム製作はないともいっていいゲーム製作ツールです。特にRPGなどの既存のジャンルのゲームを作りたい人に特にお勧めです。個人的に、RPGツクール2000 VALUE!は傑作のソフトだと思います。初心者・初級者向け。
 ・NScripter
 ADVゲーム、ノベルゲームなどの文章を多用して構成するゲームを作りたい人にお勧めのツールです。難しいプログラム要素は必要ないので、簡単にゲームを作り上げることができるでしょう。インターネットで解説されているサイトが多いのでお勧めです。初心者〜中級者向け。
 ・Tonyu System
 ACTゲームを作りたい人にお勧めなゲーム製作ツールです。サンプルゲームがたくさんあるというのは非常にゲーム製作に役に立つと思います。ただし、私は使ったことがないので詳細は不明です。初心者〜中級者向け。
 ・FLASH
 目に見える形でゲームを作っていくことのできる製作ツールです。非常に手っ取り早くゲームを製作し、公開できるのではないでしょうか。また、ゲーム以外にもアニメなどを作ることができるので応用範囲の広いツールだと思います。初心者〜上級者向け。

 1−2.プログラム言語の紹介

 ・Hot Soup Processor
 簡易スクリプト式プログラム言語です。わりと簡単な記述でゲームを作れるようです。また、インターネットで解説しているページも多く、書籍も充実しているところが見逃せないところです。昔のBASICを彷彿とさせるゲーム製作の登竜門かもしれません。初心者・初級者向け。
 ・Borland Delphi
 目に見える形でわりとさくさくプログラムを書いていくことのできる言語のようです。というのは、私は触ったことがないので詳細は不明です。プログラム処理速度も早く、多くの人から人気のようです。中級者向け。
 ・Visual C++
 C言語であるなら、どんなソフトウェアでも作れます。OSもC言語で作られているそうです。しかし、1つのゲームを作り上げるには非常に難しいと思います。というのは、知っておくべき前提の知識の量が半端じゃなく必要になるからです。上級者向け。

 2.お金はどのくらいかかるの?

 ゲームを1つ作り上げるのに、お金はどのくらいかかるのか?はっきり言って、ピンからキリまであります。製作ツール、プログラム言語にしろ、有償無償ですし。なお、インターネットを使用するにも、書籍を購入するにも、資料を購入するにしろ、それ相応のお金が必要です。なお、製作のお金をけちったゲームは面白くないゲームができあがることも多々あります。しかし、お金をかければかけるほど良いというものでもありません。そのあたりのことはまた微妙な話なので、私からは何とも言うことができません。ただし、良いものを作ろうとすると、お金が必要になるのも当然の話です。お金がない場合は、努力と根性と情熱と才知で乗り切ってください。

 3.製作期間はどのくらいかかるの?

 製作期間もまたピンからキリまでですね。昔のブロック崩しゲームやシューティングゲームなどはかなり短い期間(数ヶ月以内)で製作することも本人のやる気次第で可能だと思います。また、ADVゲームも文章さえ書ける人ならば、すんなりと仕上げることができるでしょう。ただ、RPGやSLGなどのゲームは全般的に製作期間が長くなると思います。というのは、高度な技術や多くの作業量が必要だったりするからです。個人規模でMMORPGなどを製作するのは最初から無理な話だと考えてください。
 一応の目安として、ゲームを製作するには、ゲームで遊ぶ時間の数十倍以上の製作時間が必要だということは覚えていてください。例えば、1時間で終わるゲームであれば、100時間の製作時間がかかるかもしれないということです。よくインターネット上で、ゲーム製作が頓挫したという話を耳にしますが、上記のことをあまり理解していないことが原因の1つだと思います。
 個人的な助言として、製作期間が1年以上のゲームを作ろうとするのはやめましょう。規模の大きいゲームが面白いとは限りません。逆にテストプレイが大変なので、練り込み不足の面白くないゲームに仕上がることが多々あります。製作期間の短い規模の小さいゲームの方が作り手にとっても遊び手にとっても嬉しいことではないでしょうか。

 4.知識・情報をどうやって入手するの?

 当たり前の話ですが、知識・情報がないとゲームを作ることはできません。ですので、知識や情報を入手することは重要なことです。では、いかにして、情報を入手するか?情報や知識を入手するに当たって、もっとも良い手段と考えられるのはインターネットで調べることです。その次に良い手段は書籍を読むことです。さらにその次は友人・知人などに聞くことです。なお、知りたい知識、情報は自分で入手することが基本です。
 インターネットが1番の理由としては1人で自由な時間で安価にほとんどの情報を調べることができるからです。自分自身が検索する技能を持っているならこれほど有効な情報源はありません。書籍が2番目の理由は安価な料金で体系的な情報を網羅している書籍があるからです。書籍のお金もけちるような人間では大成は望めないかなと思います。自己投資による自己研鑽も大切なことです。友人・知人などに聞くのが3番目なのはもっとも手っ取り早い手段ではあるのですが、他人も他人で忙しいでしょうし、その情報を持っているとは限らないからです。また、安易に質問することは嫌がられる元になるでしょう。

 4−1.インターネットで検索する方法

 お勧めは、Googleという検索エンジンで調べることです。こんな風に調べたい語句(名詞)を入力して調べてみてください。複数の言葉で検索すると、目的をより絞ることが出来ます。大切なことは、知っている言葉の数、特に名詞の数を増やすことです。例えば、ゲームを製作したいのであれば、『ゲーム製作』、『ツール』、『プログラム』、『講座』、『初心者』などの言葉で検索するのが重要です。
 また、自分の役に立つサイトを見つけたならば、そのサイトのリンク集を見てみるという行為も大切なことです。そのサイトが役に立つサイトであるならば、そのサイトのリンク集に載っているサイトも役に立つサイトである可能性は高いです。つまり、芋づる式に有益な情報を入手できる可能性が高いと言うことですね。また、私のサイトのリンク集も参考にしてみてください。

 4−2.良い書籍を見つける方法

 良い書籍を見つけるためには、インターネット(amazonなど)で多くの人の意見を参考するという方法もありますが、やはり自分の目で確認するのが一番だと思います。書店でパラパラと本をめくってみるのも知識や情報を入手するためには必要なことです。もし、書籍選びに失敗をしたとしても、その失敗を繰り返していれば、やがて有益な書籍かどうかを鑑別する目も肥えてくることでしょう。一番ダメなのは失敗を恐れて何もしないことです。

 5−1.ゲーム製作に当たる前の備考1

 はっきり言っておきますが、市販のゲームのようなゲームを作ることは諦めてください。ファミコン時代のようなゲームでも数人の大人が数ヶ月かけてゲームを作ったことは忘れてはいけません。市販のゲームようなゲームを作ろうとするのは最初から間違っているのです。個人では作業工数的に無理なゲームを製作者が望むから多くのゲームは破綻するのです。

 5−2.ゲーム製作に当たる前の備考2

 前提条件として、ゲーム製作はほとんど報われない作業が多いです。せっかく苦労してゲームを作っても他人からはよく評価されないこともしばしばです。また、金銭面でも恵まれることはなかなかないでしょう。それでもなお『ゲームを作りたい!』という情熱があれば、どうぞご自由にゲームを作ってください。むしろ、それくらいの情熱がないと、ゲームは作れないような気もします。まずはじっくりと自分の気持ちを確認してください。

 5−3.ゲーム製作に当たる前の備考3

 互いに切磋琢磨しあえる仲間、互いに協力しあえる仲間、情報や理念を共有しあえる仲間を作ることが大切です。どんなに情熱があっても、自分ひとりでは途中で挫折する可能性が高いからです。信頼できる仲間がいれば、お互いに助け合うことができるでしょう。
 また、『あの人に追いつきたいな』と思える人を作ることも有効だと思います。目指すべき目標、尊敬すべき人物が見えていれば、進む道が困難であるとも、途中で道に迷うことも少なくなるからです。さらには、ゲームなどの製作物に関しては完成品という具体的な物が見えるので、一歩一歩近づいているなという実感を得ることができるでしょう。このことは地味なことですが、非常に大きいです。

 5−4.ゲーム製作に当たる前の備考4

 わからない言葉や難しい語句があれば、その言葉や語句を調べるようにしましょう。私のお薦めはgooというサイトの国語辞書を使うことです。無料で使用することができますし、なにより重たい辞書で検索するよりも素早く検索することができます。また、調べる癖や習慣をつけることはよいことです。様々な知識が身に付きますし、能動的に学ぶことは面白いことだと理解することができるからです。

 執筆参考サイト

 最後に、この文章を書き上げる上で参考にしたサイトを挙げておきます。御情報ありがとうございました。

ゲームのしくみ研究委員会
エイバース
Oharaのゲームプログラミング入門
フリーRPGガイド[倉庫]