次のページ目次へトップへ前のページ

忍術一覧

根来流 (Negoro-ryu^)紀州根来寺
 戦国時代、鉄砲が伝来するや、すぐに種子島まで赴き伝来銃の「腰差し」一挺を持ち帰った根来寺の僧侶津田監物算長の弟杉野坊明算を祖とする流派。忍術的な要素(忍び、隠匿、偽装、暗闇戦闘etc)を持ち、火薬を使った様々な技を持っている。
 天正13(1585)年に秀吉に滅ぼされたが、伊勢に逃れた根来大膳はそのまま徳川家康に招かれた。根来は後に江戸に出て紀州藩付家老成瀬正成に属し、かつての根来寺の僧兵を集めて与力20騎、同心100人の根来組を編成、関ヶ原の戦いや大坂の陣にも出陣した。紀伊でも江戸時代に根来寺が復活し、紀州藩に密かに火器を納めていた。また奇遇にも明治維新直後に紀州藩を西洋兵器主体の軍制に作り替えたのも津田姓の人物、津田出(いずる)であった。彼は紀州藩全土を洋式銃で武装し、当時の日本で最強の軍隊の一つを作り上げたのだ。


〜盗賊(1レベル)〜

なし


〜乱破(2レベル)〜

【炮烙玉】 (Ho^roku-dama)
種類: 攻撃
効果: 金1両を消費。ダメージは1D6。また、GMが特に指定した物品を除く全ての物品を破壊出来る。また、放火にも用いる事が出来る。
使用武器: なし(命中判定は「投擲」技能を用いる)
説明:  何処からともなく取り出した導火線付き爆弾を取り出して、相手に投げつける技。

〜下忍(3レベル)〜

【早撃ち】 (Haya-uchi)
種類: 攻撃
効果: 拳銃を懐やホルスターに納めている時のみ使用可能。命中値に+2の修正。
使用武器: 拳銃
説明: 懐やホルスターに納めた拳銃を取り出しながら相手の不意を打って射撃する技。

 

【銃器隠匿】 (Zyu^ki-intoku)
種類: 特殊
効果:  拳銃を服の中に隠す事が出来る。または、小銃を荷物の中に巧みに隠す事が出来る。いずれも、厳重に調査すれば、銃器を隠し持っている事はすぐに分かるが、見ただけでは、自分の知力+剣技レベルと相手の知力+剣技レベルもしくは観察技能で対抗判定を行い、成功しない限り見破られる事はない。
使用武器: 拳銃、小銃
説明: 拳銃なら服の中に、小銃なら荷物の中に隠す事が出来る技。

〜下忍頭(4レベル)〜

【二鳴】 (Futatsunari)
種類: 攻撃
効果: 2回攻撃
使用武器: 小銃(前装のみ)
説明:  弾と火薬を詰め、濡らした紙を詰め、更に弾と火薬を入れる。射撃を行う際には、まず短い火縄を銃口の先から放り込んで第一撃を放ち、第二撃は通常に放つ。

 

【埋火】 (Uzumebi)
種類: 攻撃
効果: 相手一体に攻撃可能。相手は即座に目標値16の回避判定を行い、失敗すると3D6のダメージを受ける。
使用武器: なし
説明:  埋火とは、火薬と火縄を用い、相手が踏むと爆発する地雷。此の地雷を予め埋めておき、其の地点に誘導する技。

〜中忍(5レベル)〜

【抱え撃ち】 (Kakae-uchi)
種類: 攻撃
効果: 武器表の「大鉄砲」全てと「大砲」の内の木砲を銃器技能で使用出来る。
使用武器: 大鉄砲、木砲
説明: 根来流に伝わる特殊な射撃方法。大筒を、砲身を台座に据えて撃つのではなく、ひざまずいて抱えて撃つ為に、小口径の砲に限って個人で射撃が可能。

 

【添え構え】 (Soe-gamae)
種類: 攻撃
効果: 通常の武器での攻撃後、拳銃で射撃、命中値+2。
使用武器: 刀、脇差、拳銃
説明: 拳銃を槍に添えるようにして左手で構え、突きかかって相手の構えが崩れたところに射撃する技。また、槍の代わりに刀、脇差でも良い。その場合には、左に拳銃、右に刀という持ち方となる。

〜中忍頭(6レベル)〜

【曲佃珠】 (Kyokuden-syu)
種類: 攻撃
効果: ダメージ+2D6。射程距離は剣技レベル×2m。相手は「受け」不可能。また、「回避」してもクリティカルでない限り、半分のダメージを受けてしまう。
使用武器: なし(命中判定は「投げ」技能を用いる)
説明: 曲佃珠とは火薬を針金で巻いて、紙で周囲を張りつなげた爆薬。何処からともなく取り出した曲佃珠を投げつける技。

〜上忍(7レベル)〜

【三鳴】 (Mitsunari)
種類: 攻撃
効果: 3回攻撃
使用武器: 小銃(前装のみ)
説明: 二鳴に更にもう一発分を詰める技。
射撃の方法等は全て同じ。

〜あだ名付き(8レベル)〜

【火走り】 (Hibashiri)
種類: 攻撃
効果: 術者を中心とした剣技ベル×2mのキャラクター全てにダメージ+剣技レベル1/2D6。相手は「受け」不可能。
使用武器: なし(命中判定には銃器を使用)
説明:  広範囲地雷。予め足元に火薬を仕掛けて置き、相手が近付いて来た時に発火させ、吹き飛ばす技。
 使用すると、発火点から周囲八方向に炎が走っていく。

次のページ目次へトップへ前のページ