遙かなる時空の中で
夢浮橋 Special

PS2にて発売されました、スペシャル。移植までの時期が短すぎやしないか、とも思わなくはなく。それでも発売日には買ってしまう悲しい性質。
こちらには追加要素のみを記載、本編詳細についてはこっちをご覧ください。攻略というほどの内容ではありませんが、ご参考程度に。

追加イベント
 「寄り道」・「後押し」・「双壁」・「懸橋」イベントなるものが増えました。
 「寄り道」は各キャラに2つずつ。1回目は恋愛イベント2が成功後に、2回目は恋愛イベント3が成功後に発生。発生場所はキャラによってまちまちなので、あちこちうろついてみてください(笑) 近場だったり遠かったり。ただ、場所は一か所限定というわけではなさそうです。
 「後押し」は各キャラに1つずつ。違う時代の同じ八葉が登場。頼久だったら、「天の青龍」繋がりで頼忠と将臣が登場。恋愛イベント3が成功後に発生。文字通り、他のキャラが彼と神子の仲を後押ししてくれる、という内容です。ちゃんと応援してくれる方々もいれば、陰から見守られたりひやかされたりダメ出しされたり(笑) それぞれの個性が出たいいイベントですvv
 「双壁」は同時代の八葉2人の固定の組合わせで発生。該当キャラの恋愛イベント3が成功している状態で南斗宮に行くと発生します。納得できる2人もあれば、なんでこの2人なんだろと思う顔ぶれも。このイベントを発生させていないと、双壁エンディングが選べません。
 「懸橋」は八葉以外のキャラとのイベントです。1の神子で北斗南斗、2の神子でアクラム、3の神子で知盛・重衡。八葉と同じく小箱を開けることで発生。(その関係でしょうか、DS版の1の神子でのアクラム小箱は無くなっています) 掛け合いイベントをある程度発生させている事が条件のようです。3つ目の小箱に関しては、天青龍・地青龍などの違う時代の同じ八葉3人で起きる掛け合いイベント8種をすべて発生させている事と、4神すべてを味方にしていることが条件となります。北斗南斗の3つ目は、最後の北斗戦終了後に発生。これを成功させていると、懸橋エンディングが見られるようになります。

エンディング
 「双壁」・「懸橋」エンディングが増加。DS版ではあった北斗南斗エンド→「大団円エンド」は無くなってます。ちくそう、3の神子でのあのシーン好きだったのに...
 双壁は上記の双壁イベントを発生させている状態で、「3人」で帰るを選択すると見られます。
 懸橋は上記の懸橋イベントをすべて発生させている状態で、誰も選ばないと見る事ができます。「1人」でという選択肢があるわけではないのですが、キャラ選択画面からlキャンセルボタンで戻れば「誰も選ばない」という意味になるらしい。ちょっと分かりにくいよね、と思わなくもない。懸橋エンドへ行けない状態で、誰も選ばないとノーマルエンドです。

言の葉集
 「想い出」にある言の葉集、本編クリアは3日もあれば余裕ですが、こいつが...っ 起動時の挨拶はランダム要素も多いですが、時間帯などを変えて(PS本体の時計をずらすのが手っ取り早い)、立ち上げてればそこそこ回収できます。聴いた時点で安心しないで、必ずセーブを! 時期限定などもPS本体の時計を合わせておけば、高確率で聞けるっぽいです。私は半日ほどかけて、時期限定&十日後以上を全種類回収いたしました(笑) 恋愛エンディング後が2種類あるのは、起動した日が偶数日か奇数日か、だそうです(友人情報)。確かに同じ日に両バージョンを聞いた事はないなー。戦闘関連については、聞きたいキャラを必ず円陣に入れておくこと。逆に言えば、回収済みのキャラは入れる必要がありません。勝利・逃走(反対)などなら、該当キャラと神子の二人だけでOK。逃走(賛成)は、誰かがやられてる状態だと確実に出ますので、弱そうな子を一人連れていくのが良いでしょう。大勝利は一撃必殺攻撃を持っているキャラを連れていくと、楽です。景時とかリズ先生とか頼久とか。一番面倒なのは百鬼夜行戦勝利後、でしょうか。なんせ百鬼夜行戦自体が大団円ルートに入っていると発生しない... 最後に四神をひとつ放っておくのがやりやすいでしょうか(苦笑) さすがにコレは1人では勝てないので、同属八葉の3人の術攻撃(HPが半減するやつ)でやってたんですが。いっつもいっつも同じキャラばかりだった事があって、延々と戦闘を繰り返しましたよ... 譲の言の葉の数が異様に多いのは、3の神子相手の時は口調が違うからです。1・2の神子は「先輩」じゃないですからね(笑)